第2回でご紹介するのは旧1円銀貨左丸銀です。

一般に1円銀貨の丸銀打ちは左の方が多く、右の方が少ない傾向となってます。しかし旧1円銀貨はそれが逆になり左丸銀は希少なものになります。PCGS鑑定でも右丸銀が12枚にたいして左は6枚になってます。(2021.4.4現在)

特に本品は少しのトーンがありますがMS61と上にはMS62が1枚となってます。普通円、正貝円、欠貝円全ての丸銀の旧1円銀貨でもMS63が1枚、62が2枚、61が1枚となっており状態入れても希少なお品であります。入手するチャンスも少ないものなのでこの機会にどうでしょうか?